chen_cung
クレジットカードを現金化
財布の中のお札

ある程度の年齢になるとクレジットカードを持つようになる人も多いのではないでしょうか。
現金がなくてもクレジットカードを使って買い物をすることができるほか、そのときの会計を一括や分割など、無理のない方法で支払うことができるのです。
現金がない状態でも自由に買い物ができるということで、調子に乗って使いすぎると多額の支払い請求がきてしまうため注意しなければいけませんが、いざというときにでも買い物ができるのは便利ですよね。

その一方で、クレジットカードを使って購入できるものであれば問題はないのですが、時には現金でなければ支払えないものもあります。
「クレジットカードの使用可能額はまだまだ残っているのに・・・」と悔しい思いをすることになるでしょう。
そんなときはクレジットカードを現金化してみましょう。

現金化と言っても、今持っているクレジットカードをそのまま現金と引き換えるわけではありません。
そのクレジットカードで利用できるショッピング枠で買い物をしていただき、その購入した物を現金と引き換えるのです。
換金率などによって買取価格が少々下がってしまうこともありますが、わかりやすく例で言えば、「10000円の物をクレジットカードで購入し、その商品をそのまま10000円で買い取ってもらう」ということになります。
これなら使い道のなかったクレジットカードの余分なショッピング枠を無駄なく現金にすることができるのです。